一般社団法人 LITTO-LABO

Live true to oneself ~自分らしく生きよう~

 

発達障がいの診断のある人もない人も、また、子どもだけでなく、保護者、

支援者の方々にも、自分らしく、それぞれが "Live true to oneself " と思えるように・・・。

LITTO-LABOの専門スタッフがそのお手伝いを致します。

リーフレットのダウンロードはこちら。

ダウンロード
LITTO-LABOリーフレット
LITTO-LABOリーフレット.pdf
PDFファイル 769.9 KB

LITTO-LABO組織図

子ども・保護者・支援者支援および検査部門

子どもの心理・教育研究所 ひかり塾

 

研究部門

ひかりLABO

 

LITTO-LABOのロゴについて

LITTO-LABOのロゴは、羅針盤(コンパス)を表しています。

愛情(赤)に包まれた人生(青)における可能性(白)は無限大です。

そんな思いを表しました。

 

LITTO-LABOでは、自身の進路選択のための「羅針盤」として、

自己肯定感を捉えています。

 

子どもも大人も、自信を持って人生を選択して行けるように、

自分なりの「羅針盤=自己肯定感」を持って欲しいと思っています。

共同執筆論文が受理されました

Biomedical Journal of Scientific & Technical Research誌にて、

共同執筆論文が受理されました。

 

タイトル:Insight of neurodevelopmental disorders related to the

     imbalance of monoamine neuroactive metabolites and essential

     amino acids.

    (モノアミン神経活性代謝物および必須アミノ酸の不均衡に関連する

     神経発達障害の洞察)

著  者  名:Yamashita, M., Morinaga, M., & Yamamoto, T. (2018). 

 

【巡回相談】を始めました

学校の了承があれば、巡回相談に伺います。

学校や先生方のあら捜しをするのではありません。

学校や先生方のいいところを探し、その上で更なる改善点の

提案を致します。

 

【巡回相談】

 

平成30年度の時間割をアップしました

平成30年度の時間割をアップしました。

火曜日の相談を開始しました。

是非ご利用ください。

 

【時間割】

 

ISDN2018でのポスター発表が決定しました

22nd Biennial Meeting of the International Society of

Developmental Neuroscience(ISDN2018)のポスター発表審査が

受理されました。

2018年5月24日にポスター発表します。

 

タイトル:Association between rhythm/exercise intervention and

     execution function and neural plasticity in children with ASD

   (ASD児におけるリズム/運動介入と実行機能及び神経可塑性との関連)

 

更新履歴

・国際雑誌に共同執筆論文が受理されました。

【巡回相談】を開始致しました。

・平成30年度の【時間割】をアップしました。

・「ISDN2018でのポスター発表決定」を追加

 

・リーフレットがダウンロードできるようになりました。

 

最終更新日:H30年5月15日