保護者の声

ひかり塾に通っているお子様の保護者の方の実際の声です。

中1 Sくんの母

 ひかり塾には幼稚園の頃から通っています。

幼稚園入園前から言葉の遅れ、低緊張などがあり、自閉症スペクトラムと診断されました。

 病院ではこう言われたけれど学校の支援の先生には大丈夫と言われたり、実際我が子はどうなのか?

親であっても分からない事が多いと常々感じています。

 ひかり塾に通う理由は、子どもが嫌がらない、ひかり塾の友達と会える、という事が一番の理由ですが、

親の私が子どもを理解するためにという事も大きな理由になっています。

 ひかり塾では、実際に子ども同士のやり取りや、勉強の様子を見学できますので、子どもが出来ない事も

出来る事も色々と知る事が出来ますし、WISC検査から読み取れる結果もとても分かりやすく説明してくれます。

 学校でどのような支援をしてもらうかは、ひかり塾で相談して学校へ繋げてきました。

 子ども同士のトラブルに、先生が、子ども達に何があったか、どうすれば良かったかを意見交換させる事もあり、実体験でのソーシャルスキルを学べるのも、ひかり塾ならではだと思います。(原文まま)

小4 Kくんの母

 息子が幼稚園の年少の頃からひかり塾にお世話になっています。

自閉症スペクトラム障害(ASD)の診断を受け、息子との関わり方や将来のことなど具体的な悩みや漠然とした不安を親として抱えていた時にひかり塾の盛永先生や久実先生に出会い、いろいろと相談させてもらい息子はもちろん親である私も救われました。

 小学4年生になった息子は人とコミュニケーションをとることが難しかったり、学習面では学年相応の問題を解くことができません。しかし、ひかり塾では息子に合わせた学習内容を考えてくださり、本人もやる気を持って学習に取り組めています。

 学習面だけではなく、家庭や学校生活の中で、こまっていることなども相談させてもらうと具体的な対処方法やアドバイスをいただきとても心強いです。(原文まま)

 

小4 Tくんの母

 4歳の時に自閉症と診断され療育を受けていました。小学校入学するにあたり、学習面、生活面など色々と不安で何かこの子に少しでもプラスになることはないか、相談できるところはないかと思っていたところ、友人の紹介で入塾することになりました。入塾後、学校での心配事などタイムリーに相談することができ、また専門的な意見・アドバイスもいただいて色々な困り事も乗り越えてこれました。適切な時期に検査もしてもらえたり、学校への巡回もしてもらえます。わが子のためでもありましたが、私の心の支えともなっています。(原文まま)

 

中2 Mさんの母

 勉強が苦手、物が覚えられない、他はあまり生活に困ったところがなく支援してもらえるところもなく、やっとの思いでたどり着きました。

 数字の概念が理解しにくく、中1のプラスマイナスでつまづいて先に進めなかった子に、根気良く、出来た!と思えるまで指導していただけ、出来るようになった!と自信が持てた様です。

 盛永先生に教えてもらうと理解できる。わかる。と子どもが言っている様、伝え方、わかる言葉で話して下さっているので、私が説明して理解してもらえない事、出来ない事は、どうやっていくか、親に対してのサポートもして頂けるので、心強いです。(原文まま)

中3 Nくんの母

 「ひかり塾は、勉強を教えるところじゃなくて自分の内側を変える塾。変えるというか、生きていくためにストレスを少なく生きられるように教える場所」。これは息子の言葉です。

 小3の冬、自閉症スペクトラムの診断を受け、息子が少しでも生きやすくなればと通い始めました。最初は頭から上着をかぶり、恥ずかしいからと着席を拒んでいた子が、今は自分の特性を見つめ、前向きに楽しく生活することができています。そのように方向づけてくださったのはひかり塾であり、盛永先生のご指導によるところが大きいと思います。親にとっても、検査、日々の接し方や進路相談、学校へのお願いの方法など丁寧に相談に乗っていただけて頼りになります。(原文まま)